金属熱処理・表面処理(金属加工・精密金型)
イオン窒化、クロム、タフトライド、カニゼン
SQ、ユニクロ、パーカーライジング等。
用途に応じ最適な熱処理・表面処理をご提案。

金属熱処理・表面処理

用途に応じた熱処理・表面処理を行えます。

■金属熱処理・表面処理の種類

表面処理 イメージ 用途
パーカーライジング 主にパーカライジングの目的は耐食性の向上と加工時の潤滑性の付与です。
ユニクロメッキ 大気中では優れた耐食性をもつが、水分に対しては鉄よりさびやすい性質があります。
亜鉛は自ら溶解し水酸化亜鉛(=白さび)となりますが、その間は鉄の腐食を防いでいます。
硬質クロムメッキ 主に耐摩耗性、摩擦抵抗の低下を目的としたメッキです。
表面が硬く摩擦抵抗が少ないので摩擦する部分に適しています。
カニゼンメッキ メッキ厚が均一で複雑な形状の細部にもしっかり付着することから、特に精密機械の部品に使われます。 穴の奥など通常メッキの行きにくい箇所や複雑な形状にも有効。
メッキ処理後、熱処理を行うことで硬い表面が得られます。
タフトライド 鉄鋼の表面に窒化皮膜を生成し、非常に硬く、摩擦抵抗が低く、耐疲労性を向上させる熱処理です。
SQ処理 最外層には侵入したCOとNにより窒化鉄層(化合物層)が形成され耐摩耗性・耐食性が向上します。 化合物層の下層にはさらに窒素が侵入して拡散層が形成(窒素が鉄中に過飽和に固溶)され、疲労強度が増します
イオン窒化 耐摩耗性、耐かじり性が良くなり疲労強度の向上に効果的な処理です。
真空中での処理のため処理後の表面 は無酸化状態で得られ、表面荒さの低下が少なく、歪量の僅小と合わせ、後加工を省略もしくは簡略化することができます。

■機械の紹介

イオンチッ化装置

ご相談・お見積り

金属熱処理・表面処理についてのご相談をこちらで承っております。
現物サンプル、または図面をお送りいただければ、お見積もりも可能です。
こちらからお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談・お見積りはこちら