各種伝動ベルトの加工
伝動ベルトのカットをメインに
段付加工・ザグリ加工・溝加工等の
特殊加工も。
各種伝動ベルトの加工

伝動ベルトのカットをメインに、段付け加工・溝加工・ザグリ加工等の特殊加工を行っております。
さまざまなタイプ、大きさのバフも揃えておりますので、ベルトの側面、溝も綺麗に仕上げることが可能です。

加工の種類

穴加工

ザグリ加工

自社で穴あけ用の治具を作り正確な幅・位置に穴加工を施します。長丸などの特殊な形状もフライスで綺麗に仕上げます。
穴径は1〜60mmまで対応しております。(60mm以上は要相談)

横溝加工

R横溝加工(U溝、V溝も可能)

カッターで横溝を削ってから砥石で仕上げます。横溝加工のベルト最大加工幅は600mmです。(600mm以上は要相談)
R溝加工のベルトは、東日本大震災による、福島第一原発の事故によって人が入れなくなった原発建屋の中に入り、汚染水のサンプリングや水位計の 設置などの役割を担ったQuinceという名のレスキューロボットのクローラーに使われました。

背面・側面バフ加工

側面、背面をバリがでないよう砥石、ペーパーで綺麗に磨きます。

歯すき加工

カッターで粗削りした後、砥石で仕上げます。

横溝加工

歯すき・穴あけ

納品までの流れ

1

お打ち合わせ

加工仕様・寸法・納期・ご予算の確認。

2

お見積もり

加工費用・加工期間のお見積もり。

3

受け入れ

単品でもスラブでも受け入れます。

4

加工

指示通りに加工します。

5

バフ

バリの出ないよう丁寧に研磨します。

6

マーク打ち(品番)

一つずつマークを打ちます。

6

納品

梱包して自社便にてお届けします。

ご相談・お見積り

各種伝動ベルトについてのご相談をこちらで承っております。
現物サンプル、または図面をお送りいただければ、お見積もりも可能です。
こちらからお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談・お見積りはこちら